みなさんこんにちは、伊達レク@福島blog担当です。

4月23日、平成23年度の福島県伊達市レクリエーション協会
総会が開催されました。

来賓の福島県レク協会事務局長より祝辞を頂戴した後、22年度
事業報告、来季の事業案について事務局より説明がありました。



22年度は、こちらのブログでもご報告しましたが、遊びの城で
安全安心マップコンクールで佳作入選と、遊びの城ポスター
コンテストで金賞受賞
をしました。また、ウォークラリーの
参加促進のため遊びの城のメンバーと一緒にビデオ教材「歩こう!
ウォークラリー」を撮影し、小学校などで上映して頂きました。


今年はウォークラリーの第30回記念大会という事で準備を進めて
来ましたが、原発事故の影響で屋外活動の自粛が必要となり延期と
する事が決まりました。

ただ、活動場所である改善センターの室内は安全(0.06〜0.08uSv/h)
なので、遊びの城は室内活動中心に回数を減らして実施する予定です。

毎年秋に開催しているレクリエーションまつりは、会場が現在避難所
となっており、他の地区の小学校体育館などでの開催を検討中です。

また、伊達市スポーツ吹き矢協議会のご協力
により「元気UPエンジョイ生涯スポーツしま専科」と銘打って新事業
をとして実施することにしました。

総会の後、引き続きレクリエーション講演会を開催。
講師として NPO法人福島県レクリエーション協会事務局長の
佐藤喜也氏をお招きし、「レクリエーションで豊かな暮らしを」
というタイトルにてご講演頂きました。



佐藤氏は震災後、各地の避難所を回り、非難されているみなさんに
体を動かしてもらおう、という活動をされてきました。

「物資を現地に届けるため、3時間ガソリンスタンドにならんだ」
「初めは運動を拒んでいたおじいさんが、子どもたちが運動する
 のを見て、最後には体をうごかしてくれた」
「相馬で、ご家族を亡くした方から『頑張って、て言われるのも
 しんどいんだよない』としみじみ言われた」
「毎日の生活の一部を、レクリエーション化してみませんか?」

実際に避難されている方と寄り添い、お話を聞かれて来た佐藤さん
のお話は、とても重みがありました。


今年の年間スローガンは
「遊びとふれあいのある暮らしを市民のみなさんへ」
〜ひろげよう 伊達市にレクの輪(和・わ) つながりを!〜
です。

色々なことがありますが、今年も皆さんに笑顔を届けられるよう
活動していきたいと思います!!

Comment
総会開催、おめでとうございました。

当会も屋外での活動を制限され、
市民スポーツ・レクリエーション祭を始め、
恒例の事業を中止・延期せざるを得ない状況です。

でも、お互い負けずに頑張りましょう!
福島のあそびの城は、5/14から開城です。
  • 福島市レクリエーション協会です
  • 2011/05/06 06:35
メッセージ頂きありがとうございます。

この状況では通常のイベントは難しいですが、
出来ることを、ひとつひとつ、やっていきましょう!!
  • 伊達レク@福島blog担当
  • 2011/05/09 23:49





   
この記事のトラックバックURL : http://date-rec.jugem.jp/trackback/31

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM